のぼりづくりのコツ

のぼり旗の活かし方

コスト

オリジナルののぼり旗を使った宣伝方法は
非常に賢い方法と言えます。


それは宣伝効果が高く、コストも初期投資のみで済むといった
シンプルなものだからです。


宣伝方法は、電気をつかったものから広告などの紙媒体のものなど
様々な方法があります。ニューオープン

 


いずれの方法にもメリット、デメリットがあり、電気を使ったものを
例でとりあげると、メリットは最初のインパクトが大きいものであると言えます。


しかし、デメリットのは故障を起こしやすい、初期投資が高額であるといった
大きい問題が生じてしまいます。


オリジナルののぼり旗を用いた宣伝方法は、大きいメリットがたくさんあり、
デメリットも比較的小さくコントロールできる範囲です。


まず、メリットはのぼり旗という面積の広いものなので、視覚に訴えかけることで
宣伝効果が大きいことがあげられます。


Open Saleそして、オリジナルのものであれば、より人の注意を
ひきやすいと言えるでしょう。

また、電光掲示板のような電気を用いたものとの大きな差は
故障の可能性が低いということと、初期投資もリーズナブルな価格で
済むという点で、オリジナルののぼり旗は優れていると言えます。


デメリットとしては場所をとるといったことがありますが、
使っていないときには片付けることができるので
このデメリットさえ利点として捉えることも可能です。


コスト面から見ても、宣伝効果といった実用性から見ても、
オリジナルののぼり旗は非常に優れたものと言えます。


そして、このオリジナルな部分に自分の思いを込めれば
より一層愛着も持て、 宣伝効果は高まることでしょう。

 


費用対効果と投資対効果|考え方の違いとは

費用対効果は、かけた費用に対してどのくらい効果があるのかを即時的にとらえます。
コストパフォーマンスのことを意味して商品やサービスなどの価格が満足できるものか、機能などの価値に見合ったものかを判定します。

 

投資対効果は、すぐには無理だけど将来利益が見込まれる効果など中長期で長い目の見方をするところが費用対効果との違いになるのです。費用対効果は、費用の投入が無くなると利益がなくなるものであり広告投資などで判断した場合、短期で効果を図るのか、長い期間で投下した資金が利益として戻ってくればいいと考えるのかで違ってきます。

 

無駄なコスト削減などすぐに削減効果を狙うのか、たとえコストがかかっても将来的に大きな利益を生めばいいと投資対効果を重視するのでは会社がこれからどのように利益を生み出していくのかを決めることにもつながります。

 

できることは、短期的に費用対効果で考えて、将来の利益を見込める施策は長い目でみて費用をかけていくことが大事です。費用をかけなかったことが利益をあげられないことの要因になるようでは発展はありません。

 

コスト削減は、費用対効果で考え研究開発に使う費用は投資対効果で考えるような切り分けが必要です。