のぼりづくりのコツ

のぼり旗の活かし方

戦国旗

戦国時代には、のぼり旗は敵と味方を区別するために
必要な旗で、それを視覚的に見る上で武将の軍団の
位置情報を掴むため利用されています。


現代でも語り継がれる多くの武将が存在しますが、
その武将には専門ののぼり旗が存在し、それを持って
戦場を駆け巡ったことは言うまでもありません。

 

武将の専門のぼり

その多くは武将の家紋を記すことが多いですが、
武田信玄公の様に孫子の言葉をそのまま記した
ケースもあります。


他にも貨幣を記したりと、ユニークなデザインの
のぼり旗も存在します。

 

実際に当時の旗がどういったものだったかについては
戦場で掲げられた旗そのものが残っていったり、
当時の文献などにその有様が記されていたりします。


通販サイトでも戦国武将ののぼり旗を再現することが
可能で、それを作成して掲げることで戦国時代に
タイムスリップした雰囲気を味わうことも可能です。


各種催し物・キャンペーンなどでのキャンペーンのぼり
活用にも優れ、そののぼり旗の
はためている姿で戦国時代の合戦を
しのぶことができます。


通販サイトならではの利用の仕方は
数を揃える上で最適で、デザインが
決まれば納品して欲しい日までに
仕上げることに対応しています。


さらに旗の形状は長方形が主流と
なりますが、長方形以外の形状の
拘った旗にすることもでき、
そのオリジナルのぼり旗を作ることが
できるのが通販サイトの魅力です。