のぼりづくりのコツ

のぼり旗の活かし方

駐車場

のぼり旗は、看板同様に遠くからでも店の所在を
知ることができる目印になります。


看板には主に店名や会社名などが掲げられますが、
のぼり旗は商品名など店のお勧めもアピールできるので
便利です。


新規の顧客にも、商品名やサービスを伝えることができます。
布と支柱でできているため軽く、簡単に出し入れして
配置できるのも魅力の一つです。駐車場


閉店する時には一人でも簡単にしまうことができます。
出し入れが簡単なので、新装開店やバーゲンなど
キャンペーンに合わせてメッセージを変えることもできます。


形は様々ですが、縦型であれば道端に配置することで
遠くからも見やすくなるでしょう。


運転中の車内からも確認しやすいので、駐車場の入り口などに
利用するのもお勧めです。


駐車場に複数配置しておけば様々な方向から見つけやすく、
駐車場を探しているドライバーにも喜ばれます。


縦型は塀や柵に取り付けたり、場所を取りませんから
狭いスペースでも複数立てることができます。大きい文字


場所は取りませんが、風が吹くと旗が揺れるため
実際の大きさ以上に目立つでしょう。


旗は布に印刷して作成するので、ポスターをデザインするのと
同じように作ることができます。


店の雰囲気や目立つ色を使ったデザインが、客の目に入りやすく
店をイメージしてもらいやすいのでお勧めです。


文字は、大きい方が遠方からでも確認しやすいでしょう。
運転中のドライバーに対しては、短い時間でもメッセージを認識できるよう配慮します。


作成の際に迷ったら、紙に印刷して自分で見やすいかどうか
確認してみることが大切です。


メッセージは長くても2行程度までに抑えると、遠くからでも読みやすいでしょう。

 

時代の波とともに変化!駐車場の形・サービスの変遷

時代の波が駐車場の形やサービスを変えてきました。
複数階ある自走式の駐車場は、昭和4年(1929年)6月15日開業した丸ノ内ガラーヂが初めての立体駐車場だと言われています。その後大型施設などに機械式の駐車場が設けられるようになり、無人になった車が自動で運ばれるものでタワー式の駐車場として使われるようになりました。平面駐車場だけでなく、自動化されたものや立体を上手く利用したものなど土地利用を最小効果で活かす工夫がされています。

 

駐車場のサービスは、有料と無料の区別がありますが有料の場合には駐車場使用契約を結ぶことになります。コインパーキングなどの時間貸しや1日単位で駅や空港などでターミナルの近くに設置されるものや月ぎめの駐車場や年間契約での駐車場など各種のサービスが混在することになりました。

 

都市開発などで複合施設には駐車場を確保しなければ集客はできません。大型施設を計画する場会やスポーツ競技などを開催する場合にどのような駐車場でサービスの形態はどうするのかを事前に決めておくことはとても重要になります。

 

車社会があたりまえになったことより、都市は駐車場を意識して開発することになってきているのです。